① 低フォドマップレシピ

朝ごはんにピッタリ!低フォドマップな【 ホイップ卵かけご飯 】TKGレシピ

① 低フォドマップレシピ

みなさん、こんにちは

今回の低フォドマップなレシピは、お腹も心も喜ぶ【 ホイップ卵かけご飯 】!タンパク質も摂れて満足満腹です。

今回のレシピは、「ENグループ」さんが、台湾で販売している「卵かけご飯」を拝見し、アレンジしたレシピです。

~2021年2月5日に「Nスタ」さんで放送された内容の一部より~

このレシピは、ホイップする手間があるけど手早くできるので  とても急いでいる時 】向けのレシピ です。

♦ もう少し「低フォドマップ食事療法」について知りたい方はこちら ⇩

さあ、ホイップしていきましょう!

朝ごはんにピッタリ!低フォドマップな【 ホイップ卵かけご飯 】レシピ

【 ホイップ卵かけご飯 】レシピ

卵アレルギーの方は、ごめんなさいm(__)m



材料(一人前)

« 食材 »
○ 卵 1個
○ 温かいご飯 茶碗1杯

« 調味料 »
○ しょう油やポン酢、鮎魚醤、塩など好みの味付け

« その他 トッピング»
青ネギ、海苔、かつお節、ゴマ など


作り方

1.卵を卵白と卵黄に分ける。
※このとき卵黄を割ってしまわないように細心の注意を。エッグセパレーターという道具を使えば簡単。

2.卵白を泡だて器で、ツノが立つくらいホイップする。電動があればアッという間にできる。
3.ご飯をお茶碗に盛る。
※中央部分は気持ち凹ませる。
4.3のご飯の上にホイップ卵白をのせ、中央に卵黄をそっと乗せる。
5.トッピングをのせしょう油かポン酢をかけていただく。
6.サラダやお浸し、スープなどで足りない食物繊維やビタミンCを補うと良い。

感想

  • ほわほわクリーミーで濃厚!
  • 卵かけご飯が、ワンランクアップした感じで美味しい。
  • 卵臭さがなくて、後味も美味しい。
  • サラダやお浸し、スープなどで足りない食物繊維やビタミンCを補いたい。

アレンジ

  • しょう油からポン酢に変えると減塩できます。
  • トッピングに海苔や青ネギ、ゴマ、かつお節が一般的におススメ
  • わさび、生姜甘酢漬け、イワシの甘露煮、ちりめんじゃこ、オリーブオイルなどもおススメ
  • 牛丼やカレーにのせても美味しそう。

スポンサーリンク 

卵タンパク質の小話

卵 100gから摂れるたんぱく質は、12.6g(ウィキペディア参考)。

卵1個が、およそ50g(可食部分の重量)。その卵1個の可食部分のタンパク質は、およそ6.3g。

一日に必要なタンパク質量は、50~60g。

よって、卵1個から一日に必要なタンパク質の 1/10 程度摂取できるということになります。

しかし、卵10個で一日のタンパク質を補おうとはしないでください。
卵は一日1~2個摂取が理想で、食事はバランスよく食べるということが大事です。

魚やお肉、大豆などからのタンパク質も摂りましょう。

珠子のつぶやき

ホイップ卵かけご飯に「出会えて良かった」と思うほど、私はこの卵かけご飯が好きです。
卵かけご飯が苦手な方もこれなら食べられるかも。

いつの日か、ちょっと高級な「贅沢卵」で、贅沢ホイップ作って、贅沢なホイップ卵かけご飯を楽しみたいと思います。

参考・引用資料

モナッシュ大学さま、Nスタさま、ENグループさま、ウィキペディアさま
ありがとうございました!

« 関連事項 »

「 朝食シリーズレシピ 」関連の記事

「 丼・のっけご飯レシピ 」関連の記事

♢♢♢

みなさまが、楽しく食事できることを願っています。
最後までご覧いただきありがとうございました!

シェアしてね~☆
Tamakoをフォローする
スポンサーリンク




ふらっと珠ぐらし
タイトルとURLをコピーしました