⑤ 過敏性腸症候群IBS関連

過敏性腸症候群IBS【引きこもりから外出できるまでの道のり】

⑤ 過敏性腸症候群IBS関連

こんにちは、珠子(@furatamako)です。

過敏性腸症候群IBSのみなさん、お腹が痛くて、不安で、外出できなくて、引きこもっていませんか?

不安や恐怖の連鎖を断ち切り、5つ方法を実践して外出しましょう!

スポンサーリンク 

過敏性腸症候群IBS【引きこもりから外出できるまでの道のり】

「外出できない」から「外出できる」まで

例えば、

美容院へ出掛ける。

大好きだった美容院に行けない・・・。

その時期は、美容院にたどり着けても、恐怖・苦痛で、ほぼ命がけ

みなさんは、「お腹を壊すのは普通にあること」と慰めてくれるでしょうが、

幾度となく重なると、不安や恐怖として脳に刻み込まれます。

もはや、心の病気・・・。

私と同じように苦しんでいる人はいませんか?

♢「美容院へ行く不安」でいっぱい

数日前に予約しようかどうしようと悩み

明日は大丈夫かなと考え

当日はキャンセルしようかなと思う始末

到着したら到着したで

散髪ケープを付けられると不安・恐怖度、心拍数が高まり⤴

頭にパーマ液を付けてもらっている時やカラーリングしてもらっている時

気持ち良かった洗髪やヘッドスパまで、ずっと苦痛

困ったことに、予約する前から頭はずーっと美容院でお腹が痛くならないか考えてしまう

 

この頃は、深呼吸をする余裕すらなかったなあ。

過敏性腸症候群アルアルです。

♢ 不安と恐怖

自らの意志だけで、すぐトイレへ移動できない環境のとき「不安と恐怖」に支配された。

トイレに行ったり、お腹を抱えて、やり過ごすしかありません

トイレへ行けば済むものでもなくて、何度か腹痛と便意の波は続きます。
治まるまでトイレでじっーとしておきたい気分です。トイレに座っても💩が出るわけでもないのに・・・。

⇨ そんなことが続き、パーマも、カラーも、ヘッドスパも止めました・・・。

スポンサーリンク 

 

♢ 乗り越える

解決方法:何も気にせずトイレに行く!

⇨ その解決方法を実行するために:下記の「5つの方法」で、心と身体を整えていきましょう。

私の最近は、深呼吸マインドフルネス、食事・薬物療法などなどの効果で心の安定を得る技も身に付け、ある程度はコントロールできるようになりました。そして、自分に効果のある薬の「お守り」を持参し、美容院へ行けています。

美容院シャンプー時に、たまにお腹がおかしくなることもありますが、観察は続けて前向きに。

私が、外出できるようになるまでの「5つの方法」

1.トイレ日記で原因解明・食事の改善

自分に合わない事や食べ物なども見つけられて予防できます。

何度かやや失敗が続いても、日記を付けておくと理由が分かったり、その逆で成功の理由が分かったりすることもあります。❝信じる者は救われる❞と言います。成功したものは「トイレ日記」を見て分析し、コレ(何かの状況や行為や食材、薬など)のお蔭かもと思ったら、とりあえず信じるようにします。

何回か成功したときにコレが続いていると良です。良いことは続けましょう。そして、難しいけどポジティブに考えらると「大丈夫」と思えたりする余裕が出てきます。

合わせて読みたい関連記事はこちら ⇩

2.深呼吸やマインドフルネス瞑想

普段から心の安定を図れるよう訓練しておきます。


私は、特に深呼吸に即効性があり、落ち着きます。

合わせて読みたい関連記事はこちら ⇩

3.成功体験で脳の記憶を塗り変える

フッと以前に味わった不安・恐怖体験を思い出すこともあります。コレはなかなか抜けません。関連記事はこちら

最近、ミシガン大学のヤツェク・デビエッチ博士の研究でも、❝親の恐怖体験が遺伝する可能性があると言われているくらい、恐怖体験は強烈なものなのです。

私はマインドフルネスを続け、じっくり地道に成功体験を積み重ねました。

今は何でもないことに思えても、初めはすごく勇気のいることでした。

成功体験を作っていくことが大事だと思います。

コントロール成功→成功→やや失敗みたいな感じで、無理をせず「2歩進んで1歩下がる」くらいのスピードでゆっくり積み重ねました。

4.予期不安への対処・準備

具体的には、

  • お腹痛くなったらどうしよう不安に「自分が効く薬」を見つける。いつも持参する。
  • トイレに行けなかったらどうしよう不安に「ナプキンや下着準備」や「トイレの場所確認
  • トイレ後の「消臭スプレー
  • 周囲の人に本日はお腹の調子が悪いことを「知らせ」ておく。
  • 難しいけど、「気にし過ぎない」キャンセルする勇気やトイレに行く勇気を持つなど。

大切 自分に不安に思っていることへの「対策・準備」をしておくと、何にもなくてもイザというとき安心です。

合わせて読みたい関連記事はこちら ⇩

5.出かける数日前から注意したこと

食事に気を付ける、脂物を避ける、香辛料など刺激物を避ける、冷たいものを食べない・飲まない、お酒や炭酸を避ける、お腹を冷やさないなど

スポンサーリンク 

まとめ

過敏性腸症候群は、多くは心の病気と言われていますが、実はそれだけではないのです。

食事や生活習慣から改めず、過敏性腸症候群の症状をほっておくと、

不安や恐怖に襲われ始め、その不安や恐怖が脳にこびりつき、悪循環となります。

まずは、自分の症状を記録し、食事や生活習慣から改めましょう!

そして、決して無理はせず、調子が良さそうな日に近場から、

自分の用意した「安心」を持って、外に出てみませんか?

 

シェアしてね~☆
Tamakoをフォローする
スポンサーリンク




ふらっと珠ぐらし
タイトルとURLをコピーしました