⑤ 過敏性腸症候群IBS関連

本当に落ち着ける【深呼吸】を身に付けよう

⑤ 過敏性腸症候群IBS関連

心のザワザワ、ガクガク、ギュルギュルお腹が痛むときなどの「緊張やストレス」が強いとき、

皆さんはどう対処されていますか?

私は、まず深呼吸です!

深呼吸は「お守り」! 効果があるし、無くなることはありません。

大事なことは、毎日、深呼吸の練習・継続すること!!!

毎日、深呼吸の練習・継続することで、緊急時も助けてくれる!

逆に、普段の冷静な時に、深呼吸の仕方をマスターしていないと、

パニックになっている緊急時にやり方が分からず、焦るばかりです。

深呼吸のやり方を身に付け、自分をコントロールしましょう!

スポンサーリンク 

本当に落ち着ける【深呼吸】を身に付けよう

実際に深呼吸を行うと、身も心もジンワリ暖かくなる。

また、緑豊かで空気が澄んだ豊かな場所へ行くと、何も考えないうちに深呼吸しています。心と身体が欲しているのでしょう。

さらに、個人的な意見ではありますが、

訓練しておけば深呼吸ほど「速く、落ち着けるものはない!」と実感しています。

深呼吸について

禅や瞑想、ヨガなどでも呼吸は重要視されています。

何かに集中していたり、仕事に一生懸命になっていると、浅い呼吸しかしていないこともあります。
息が浅いことに「ハッ」と気付き、深呼吸すると落ち着けるのです。

♢ なぜ深呼吸は良いか?

  1. 自律神経が整いリラックスする
  2. 血液・リンパ循環が良くなる
  3. 人体に必要な酸素を取り込み、不要な二酸化炭素を排出させる
  4. 呼吸リハビリ効果
  5. 基本、筋肉もリラックスするが、腹式呼吸で腹筋が鍛えられ、お腹回りがすっきりする

♢ 深呼吸の種類

深呼吸法と言われる呼吸法の数多く存在しますが、

基本的に自分に合う呼吸法をすればよいと思います。

大まかな呼吸の種類

1. 腹式呼吸(副交感神経が優位になる

⇨ お腹を膨らませながら息を吸い、お腹をへこませながら息を吐く

 

2. 胸式呼吸(交感神経が優位になる

⇨ 胸を膨らませながら息を吸い、胸をしぼめながら息を吐く

つまり、心を落ち着かせたいなら腹式で、活動的になりたいなら胸式です。

 

私が実行している深呼吸

私が行っている深呼吸は2種類、シンプルです!
深呼吸の経験を積むたびに、スーッと自分の世界に入れるようになります。

① 朝出かける前・寝れない時に:おススメ「腹式深呼吸法」

慣れれば集中しやすいですが、初めの頃はできるだけ静かな場所で行います。
⇨ 電車で耳栓など付けて行うのも効果的です。※乗り過ごし注意。

  1. まず、肺に残っている空気をすべて「絞り出すよう」に吐き出す
  2. お腹を膨らませながら、鼻から息を吸う (⇦ここ!慣れるまでは難しかったです) 
  3. 「3数える」くらい息を止める 
  4. お腹を凹ませながら、口からゆっくり吐き出す(吸った時間の倍かけて吐く) 

⇨ 「吸う:吐く=およそ1:2」吸う時間の倍くらいの時間をかけて吐き出します

もし数を数えるなら、「吸う4、吐く8」数えるくらい。私の息止めは、「3」までしか数えません。
なぜなら、途中で数を忘れるし、数を数えることに集中したくないし、緊急時には無我夢中なので、数は「3」しか数えていません。

② 緊急時:葛西さんの「レジェンド・ブレス」

数年前にテレビを見ながら実践してビックリ!効果ありなので実践しています。

折れない心をつくる呼吸法
葛西紀明氏 直伝
鼻から目一杯息を吸い込みます。
そこからさらに息を吸います。
5秒間息を止めます。
 歯の隙間からゆっくりと息を吐き出します。
※重要な仕事やテスト前に行えば、緊張もほぐれ本来の力を発揮することができるはずです。

~参考・引用資料 世界一受けたい授業 、【40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方】より~

その他の深呼吸法

他にも深呼吸の方法や種類はたくさんあります。

しかし私は、上記2種類の深呼吸で対応できています。

注意事項

酸素と二酸化炭素のバランスも大事です。深呼吸のやり過ぎにはご注意ください!

初めの頃は、何かが気になり途中で止めてしまったり、効果が薄いこともありますが、習慣付けていくうちに効果が得られるようになりました。なので、しばらく継続してください。

もし、この深呼吸で効果がなかったとしても、
個人差は必ずありますし、他の方法もあきらめずに試してくださいね。

おわりに

不安が強いときは、頓服で内服できる抗不安薬をお守りとして処方してもらっておくともっと安心ですよ✨

そのうち薬以外の方法で、落ち着ける方法を見つけられますように!


スポンサーリンク 【40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方】

シェアしてね~☆
Tamakoをフォローする
スポンサーリンク




ふらっと珠ぐらし
タイトルとURLをコピーしました