② 低フォドマップ食材/調味料

バナナの話【 低 FODMAP 食事療法 】過敏性腸症候群IBS

② 低フォドマップ食材/調味料

こんにちは、珠子(@furatamako)です(^^)/

バナナは食べて良いと思っていたのに、「熟れ熟れバナナ」を食べて下痢をしました。

低 FODMAP 食事療法 を始めようと思っているけど、
バナナって、低 FODMAPなの?高FODMAPなの?どっちなの?と思っている人向けの記事です。

スポンサーリンク 

バナナの話【低 FODMAP 食事療法】過敏性腸症候群IBS

バナナは、栄養価も高く、いつでも手軽に食べられる優れた食品です。

私事ですが、

8月下旬に、もうヤバいなあ(腐る寸前)と思うくらい熟れた大きめのバナナを一気に食べてしまいました。

その時は「バナナは食べて良いもの」と思っていたのですが、

9月にモナッシュ大学のアプリを購入し見ていると、

驚きの事実が・・・。

注意!!! 食べない方が良い時期のバナナがあったのです!


♢ 未熟なバナナも、ちょっと注意

未熟なバナナ


 未熟なバナナ 100gは、大丈夫。
※それ以上の量は、高フォドマップ域に近づきます。

※バナナは、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多いとされる食材。レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)は、吸収されにくいでんぷん・糖質なので、下痢体質の人はお腹が緩くなりやすい。さらレジスタントスターチは、未熟なバナナに多く含まれるので、やはり食べすぎ注意。

モナッシュ大学アプリより 参考・引用 ~


♢ 熟れたバナナは、要注意!!

熟れたバナナ


 〇 熟れたバナナ 35gは、大丈夫。

 ※それ以上の量は、高フォドマップ域になります。

モナッシュ大学アプリより 参考・引用 ~


♢ バナナを量ってみた

小さめバナナ(皮つき):120g

私が食べたフィリピンバナナは、おそらく200gくらいはあったと思われます。

200gは、熟れていなくても、熟れていても、皮をむいても、FODMAP量がオーバー・・・
結構、お腹が発酵した!って感じに膨れていました。

 


結論:「 ほどよく黄色く熟れた、小ぶりのバナナ1本以内 」を食べましょう!

青味の残る未熟なバナナでも、食べるバナナの量が増えると、FODMAP摂取量も増えるので注意が必要です。レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)の存在もあります・・・。

さらにバナナが熟れていく過程で、FODMAPであるフルクタンの量が増えていきます。
なので、斑点が出るくらい熟れたバナナは、要注意!!!

【低 FODMAP 食事療法】を行っている人やフルクタンにお腹が反応する人が、バナナを食べるときはほどよく黄色く熟れた、小ぶりのバナナ1本以内 」を食べましょう。

参考・引用資料

モナッシュ大学サイトより
ありがとうございました!

低FODMAPレシピ 『 米粉@バナナパウンドケーキ 』

皮をむいたら食べられるバナナですが、ケーキが食べたくなったらバナナケーキがおススメです。
● 関連記事はこちら

 

● 時間があったら、コレも読んでみてください

 


 

スポンサーリンク

シェアしてね~☆
Tamakoをフォローする
スポンサーリンク




ふらっと珠ぐらし
タイトルとURLをコピーしました