⑤ 過敏性腸症候群IBS関連

過敏性腸症候群IBS【強ミヤリサン(錠)】を試しました!②

⑤ 過敏性腸症候群IBS関連

こんにちは、珠子(@furatamako)です!(^^)!

10年以上かけて、ようやく私の身体に合った整腸剤を見つけたかも。

お腹の調子が悪くて悩んでいるみなさん!

試して、試して、試して、自分に合うものを見つけましょう!

注意! お腹に良いとされるプロバイオティクスサプリ・善玉菌ですが、副作用が重大なものから軽症のものまでの報告されています。腸内細菌環境や体質などと関係しますので、内服の際は身体の調子を観察し、注意しながら内服しましょう!

スポンサーリンク 

過敏性腸症候群IBS【強ミヤリサン(錠)】を試しました!②

最初から、ちょっと引く話ですが・・・「タルクの件。」

真相はハッキリしていないのです。

話の内容がグレーならあなたはどうしますか?

タルクの話

ジョンソン・エンド・ジョンソンが、製造していたベビーパウダーに配合されたタルクの中にアスベストが混入。
それが卵巣ガンの原因として訴えてられました。ベビーパウダーの売れ行きは落ち込み、

2020年5月タルクを原料とするベビーパウダーの販売をアメリカとカナダで中止することを発表。
参考・引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%80%E3%83%BC 

【タルクと発がん性】についての研究が多くありました。

「関連リスクが高いと主張する研究」や「否定はできないとする研究」、また「関連性を否定する研究」「証明は不十分とする研究」と、結果はさまざまです。

そんなタルクが配合されている薬、実は多いのです。

調べてみると、私の内服していた半分くらい「他の整腸剤」に配合されていました(*_*;

♦整腸剤に「タルクが含有されているか・含有されていないか」の比較

>>>私が内服したタルク入り整腸剤

・強ミヤリサン
・病院処方のビオスリー
・市販ビオフェルミン
・パンラクミン

>>>私が内服したタルク無し整腸剤

・市販のビオスリー
・病院処方のビオフェルミン
・ココカラケア


内服するか・しないかは、
あなた次第になってきます

「アスベストは検出されないという報告」や「タルクと卵巣がんの関連性はないとする研究」が
多かったので、私は内服を続けようと思います!

私が内服した整腸剤の「菌の種類・量」比較

チェック! 個人差があり、体質が違ったり、腸内細菌が違うと効果は得られないこともあります。
しかし、私が効果を実感できたものは、下記の整腸剤の中で「強ミヤリサン(錠)」だけでした。
かくにん情報!
同じ名前の薬でも、市販薬と医師の処方してくれる整腸剤では、配合されている菌や量が違いました。みなさんの内服している整腸剤に興味を持って、確認してみませんか?

『宮入菌系』

1.市販「強ミヤリサン(錠)」タルク入り

  • 宮入菌末 1錠中に30mgを含有する。

※通常、1日3〜9錠を3回に分割経口投与する。
5歳未満:服用しないでください。

2.市販「ミヤリサン(錠)」タルク入り(※購入したことは無いけど参考に)

  • 宮入菌末 1錠中に10mgを含有する。

※通常、1日9〜18錠を3回に分割経口投与する。
5歳未満:服用しないでください。

3.病院処方「ミヤBM錠」タルク入り(※処方されたことは無いけど参考に)

  • 宮入菌末 1錠中に20mgを含有する。

※通常、成人1日3〜6錠を3回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

『数種類配合系』

1.市販「ビオスリーHi錠」タルク無し

  • 糖化菌 1錠中に25mg:腸内有用菌である乳酸菌やビフィズス菌を増やす
  • ラクトミン(乳酸菌)1錠中に5mg:乳酸を産生して腸内フローラを改善、また酪酸菌の増殖を助ける。
  • 酪酸菌 1錠中に25mg:乳酸菌とともに腸で増え、大腸のエネルギー源として腸の機能維持に必要な酪酸を産生します。

※通常、5歳以上1日3〜6錠を3回に分割経口投与する。
5歳未満は内服しない。

2.病院処方「ビオスリー配合錠」タルク入り

  • 糖化菌 1錠中に10mg
  • ラクトミン 1錠中に2mg
  • 酪酸菌 1錠中に10mg

※通常成人1日3〜6錠を3回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

3.市販「パンラクミン」タルク入り

  • 有胞子性乳酸菌(ラクボン原末)1錠中に5mg:腸管内で繁殖して腐敗菌などの有害細菌の増殖を抑えて、整腸作用を発揮する
  • タカヂアスターゼN1 1錠中に9mg:広いpH域で働く消化酵素で消化を助け、栄養の吸収をよくする
    またラクボン菌の発育を促進させる
  • ビオチン(ビタミンH)1錠中に2μg:ラクボン菌の発育を促進する

※通常、5歳以上1日6〜9錠を3回に分割経口投与する。
5歳未満は内服しない。

『ビフィズス系』

1.市販「ビオフェルミンS錠」タルク入り

  • コンク・ビフィズス菌末 1錠中に3mg:主に大腸にすみつき、乳酸と酢酸をつくり、整腸効果をたかめます。
  • コンク・フェーカリス菌末 1錠中に3mg:主に小腸にすみつき、すばやく増えて乱れた腸内菌叢を整えます。
  • コンク・アシドフィルス菌末 1錠中に3mg:主に小腸にすみつき、乳酸を多くつくり、有害菌を抑えます。

※通常、5歳以上1日6〜9錠を3回に分割経口投与する。
5歳未満は内服しない。

2.病院処方「ビオフェルミン錠剤」タルク無し

  • ビフィズス菌 1錠中に12mgを含有

※通常、成人1日3〜6錠を3回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

『その他』

1.市販「ココカラケア」タルク無し

  • 「CP2305ガセリ菌」1日2粒(目安量)に「CP2305ガセリ菌」を100億個配合。

日々の精神的ストレスを緩和し、睡眠の質を高め、腸内環境を改善する機能があるサプリメント。

※通常、成人1日2粒経口投与
本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません(年齢明記無し。)。

スポンサーリンク 

内服した結果

見出しの【私が内服した整腸剤の「菌の種類×量」比較】にも書きました。

私は10年以上整腸剤を内服してきましたが、効果が実感できたものは「強ミヤリサン(錠)」だけでした。

私には宮入菌が足りなかったのかなと、腸の中を想像してしまいます。

あとは、今後も内服を続けながら、排便との関係などの観察を続けます!

 

関連記事です⇩

まとめ

最後にお伝えしたいことは、

強ミヤリサン(錠)」が、全員に合うとは限らないということ
(調子が良くなる人には、おススメ!)

⇩⇩⇩

お伝えしたい事はココ!
整腸剤や薬、治療、医師、病院など、いろいろなことに当てはまりますが、
「自分に合うもの
ちょうど良い組み合わせのもの
「妥協できそうなもの」
などを見つけましょう!
と言うことです。

みなさん「諦めないで、合うものを探しましょう。」

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

シェアしてね~☆
Tamakoをフォローする
スポンサーリンク




ふらっと珠ぐらし
タイトルとURLをコピーしました